mail facebook twitter

USER'S INTERVIEW ご愛用のご家族に会いに行きました

ランドセルを家族で選ぶ時間、そして共に過ごす毎日。
そこには、ご家族それぞれに生まれる
あたたかなエピソードがあります。
きっかけや決め手、
選ぶときに感じたこと、こどもたちへの思い…
土屋鞄のランドセルをご愛用中のご家族を訪ねました。

INTERVIEW:松下さんご一家(2015年11月取材)

NOVEMBER, 2015
遠州織物のシャツブランド、「HUIS」(ハウス)を経営されているあゆみさん。ご一家は、ブランドのロゴのイメージにもなった白い一軒家にお住まいです。1年生になった結衣ちゃんは、読書が大好き。ヌメ革のランドセルにたくさんの本と教科書を入れて、毎日学校に通っています。

愛着をもって長くつきあう、
上質な心地よさ。

ランドセルを選ぶ前からキシル浜松店によく遊びに行っていたという松下さんご一家。最初は別の色を考えていた結衣ちゃんですが、実物を見るとすぐにヌメ革に決まったそう。ヌメ革のランドセルは防水などの表面加工が施されていないためお手入れが必要ですが、家族の意見は一致しました。ものや人に愛情をもって接することができる、おもいやりのある子に育ってほしい、と語るお父さん。「ヌメ革のランドセルも、手間がかかっている分愛着が湧きますね。もののつくりや人の気持ちについては、日ごろからなるべく丁寧に説明するようにしています」。その思いが伝わって、結衣ちゃんは毎朝天気予報を尋ね、雨が降らないか確認しているそうです。

松下さんご一家の暮らす静岡県の遠州地方は職人の街。地元の産業の良さを知ってもらうきっかけになればと、2014年、お母さんのあゆみさんは、遠州織物のシャツやワンピースを取り扱う「HUIS」(ハウス)というブランドを立ち上げました。時間をかけて丁寧に織られた生地は、身体に馴染むふくふくとした独特の肌触り。「職人さんと何度も打ち合わせして、長く着てもらえる、シンプルで上質な物を目指しました」。柔らかさとしゃんとした気風を合わせ持つシャツは、インタビュー当日も結衣ちゃんの優しい雰囲気をそっと引き立てていました。

結衣ちゃんは、妹の仁香ちゃんの面倒をよく見てくれるしっかり者のお姉さん。初めての小学校の運動会では、「はじめの言葉」を言うクラスの代表に抜擢されました。学校から帰ってきたら、今日はどんな新しいことがあった?どんな嬉しいことがあった?と、お母さんとお互いに話し合う時間も。「できるだけ私たちの愛情が伝わるように、大好きだよ、大切だよ、と日ごろから伝えるようにしています」。そう語ってくれたのはお父さん。「おもいやりさえあれば、どんな道に進んでもそんなに心配ないかな。好きなことを見つけて、楽しくのびのびと生きてほしいです」。白い家でのびやかに、長くつきあえるものと心地よく暮らす松下さんご一家。毎日を共にするヌメ革のランドセルは、結衣ちゃんのたくさんの思い出で色つやを増していくことでしょう。(2015年11月取材)

松下昌樹さん、あゆみさん、 結衣(ゆい)ちゃん、仁香(にこ)ちゃん
この日は昌樹さん、あゆみさん、結衣ちゃん 共に、あゆみさんのブランド「HUIS」(ハウス)の シャツを着てのインタビューでした。

HUIS -ハウス-
あゆみさんの立ち上げた、“日々の暮らしの中に馴染む上質な日常着”をコンセプトとしたブランド。遠州織物を使用した独特の風合いのシャツは、その肌触りと着心地の良さが評判です。
http://www.1-huis.com