• ごあいさつ
  • 50年土屋鞄の歩み
  • 記念モデルのご紹介
  • 軽井澤工房記念ランドセル
  • アクセス案内

ようこそ、軽井澤工房へ。

私たち土屋鞄は50年の節目の年、新たな一歩を踏み出します。
その地は、日本の職人技に支えられた西洋建築が点在する、軽井沢。
西洋からやってきた鞄の文化を日本の技で仕立てる土屋鞄。
軽井沢の歴史や文化に触れるほど、そこに同じ精神を感じました。
私たちに追い風をくれるこの地で、
これからも世界に誇れる「日本製」を作り続けます。
2015年6月、軽井澤工房竣工です。

始動、50年のその先へ。

土屋鞄のランドセルを形作るのは、
100以上のパーツと、50年の歴史です。
創業は1965年。始まりは職人ふたりの小さなランドセル工房でした。
つくりに丈夫さと品格を、製造の工程に手仕事のぬくもりと確かな技を。
日々求め続け、繋いできた50年。
その歴史の中で新しい職人・スタッフを迎えてきました。
そしてものづくりの毎日は、いつもお客さまの笑顔に支えられています。
50年に詰まったたくさんの出会いとご愛顧に、感謝の気持ちをこめて。
2015年、私たちは軽井沢という新天地で新たなスタートを切ります。
変わらず若い世代へと技術を継承しながら一歩先へ。
心新たにものづくりに励み、51年目の歴史を刻みはじめます。

軽井澤工房記念ランドセル
50年の技と思いを注ぎ、
さらなる高みに挑んだランドセル
目指したのは、こどもの持つ品性や聡明さが際立つ、美しい佇まい。軽井沢の地に息づく「優美」を世界観として膨らませながら、素材、デザイン、機能性、すべて一から追い求めました。土屋鞄50年の技と思いを注いだ、「軽井澤」ランドセル、ついに誕生です。

軽井澤工房で、お待ちしています。

緑溢れる、森の中の工房。
家族でお出かけがてら、土屋鞄の新しい工房へ遊びにきませんか。
職人のものづくりの様子をみて、軽井沢の豊かな自然に触れれば、
お買い物がより楽しく、お出かけがより思い出深いものになるはずです。

職人・スタッフ一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

軽井澤工房店

〒389-0113
長野県北佐久郡軽井沢町発地200

0267-44-6081 (店舗直通)
03-5647-5123 (総合窓口)

工房の様子を見学しながら、併設のショップでランドセルと大人鞄、どちらもご覧頂けます。

JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より約5.5km。
上信越自動車道「碓氷軽井沢インター」より約6.5km。