mail facebook twitter

ランドセルづくりの先にある
こどもたちの毎日に心を寄せて

背中に、心に、優しい記憶を。

ランドセルは、
こどもたちと6年の時をともにする特別な鞄。
そして、こどもたちの健やかな成長を願う、
家族の思いが詰まった鞄。
だからこそ、本当にいいものを。
こどもたちが大きくなって、
ランドセルを思い出したとき、
家族に愛された記憶と重なるような、
ぬくもりのあるものを。
6年間のその先も変わらない、
優しい思い出のうつわとなるように、
一つひとつ、心を込めてつくります。

Cameraman:Hideaki Hamada

一つひとつを、丁寧に。
人の手のぬくもりが、宿るように。
ランドセルの向こう側にある、
あたたかな家族の思いに
そっと、寄り添えるように。

製作イメージ
製作イメージ