mail facebook twitter

Concept Movie

ランドセルづくりの先にある
こどもたちの毎日に心を寄せて

背中に、心に、優しい記憶を。

何度も読んでもらった絵本や、
泣いてねだったぬいぐるみ。
カタチをなくしても心の中にあり続けるのは、
そこに、優しい記憶が
宿っているからではないでしょうか。

家族の思いが詰まったランドセルも、
きっと同じ。
こどもたちの記憶の中で生き続ける
“宝物”となるように、
大切に、心を込めてつくります。

Cameraman:Hideaki Hamada

製作イメージ

製作イメージ

一つひとつを、丁寧に。
人の手のぬくもりが、宿るように。
ランドセルの向こう側にある、
あたたかな家族の思いに
そっと、寄り添えるように。