mail facebook twitter

親子でワクワク軽井沢

軽井沢絵本の森美術館

草木の息づかいが聞こえてきそうな、
緑の匂い立ち込める街。
深呼吸したくなるのどかさや、西洋建築の壮麗さ。
昼夜の温度差や、野生の動物たち。
様々な表情を見せてくれる軽井沢へ
行ってみませんか?
親子で楽しめるスポットと
軽井澤工房をご紹介します。

「ピッキオ」は野生動植物の調査研究および保全活動を行い、軽井沢野鳥の森を拠点にエコツアーを開催する森のいきもの案内人。生き物の専門家と一緒に90分かけて森を探検。野鳥や、軽井沢ならではの植物を見つけたり、大人もこどもも、軽井沢の自然をめいっぱい楽しむことができます。

ピッキオ(星野リゾート内)
軽井沢町星野/0267-45-7777(ピッキオビジターセンター)/大人2000円~(ツアーにより異なる)/無休

旧三笠ホテル

軽井沢には西洋の文化を感じる歴史的建物がたくさんあります。明治後期に建てられて、上流階級の社交場として親しまれ、国の重要文化財にも指定されている旧三笠ホテルもそのひとつ。レトロな外観や、中に入って当時のまま保存されているインテリアを見学することができます。夏休みの自由研究は『軽井沢の歴史』なんて選択肢もできそうです。

旧三笠ホテル
軽井沢町軽井沢1339-342/0267-42-7072/9時~17時/12月28日~1月4日は休館/入場料大人400円こども200円/駐車場あり

Trattoria La Pacchia

中軽井沢に位置する「トラットリア・ラ・パッキア」。イタリア製の窯で焼くピッツァや信州産の旬の野菜を使った料理が食べられます。もちもちのピザは、思わず笑顔がこぼれるおいしさ。

Trattoria La Pacchia
軽井沢町長倉2874/0267-46-1552/11:30~21:30 15時~17時30分までは準備中/水曜定休

エルツ おもちゃ博物館

ドイツ東部のエルツ地方のおもちゃを収集・展示する博物館。知育玩具で実際に遊べるスペースや、職人が手作りする木工おもちゃの精巧な仕組みを知ることができる展示など、こどもはもちろん家族みんなで楽しむことができます。

エルツおもちゃ博物館 軽井沢
軽井沢町長倉193/0267-48-3340/600円(小学生以下無料)/火曜定休(冬期は要問合せ ※ただしGW、7~9月は無休)/9:30~17:00(時期により変動有)/駐車場あり

軽井澤 絵本の森美術館

エルツおもちゃ博物館と同じ、「ムーゼの森」の敷地内にある絵本の美術館。英国のガーデンデザイナー、ポール・スミザーがデザインした庭を囲むように複数の建物が点在しています。展示館の他にも、飛び出す絵本が充実した図書館などがあり、親子の会話も弾みそう。

軽井沢絵本の森美術館
軽井沢町長倉182/0267-48-3340/900円(小学生以下無料)/火曜定休(冬期は要問合せ ※ただしGW、7~9月は無休)/9:30~17:00(時期により変動有)/駐車場あり

※入場料や定休日などは変更となっている場合もございます。ご来場の前に各施設にご確認ください。