mail facebook twitter

INTERVIEW:親子で職人体験2018レポート

「親子で職人体験」とは

2018年9月末に開催したイベント「親子で職人体験」。
この春1年生になったお子さまとご家族のご入学祝として、思い出づくりの時間をご用意しました。
ご参加いただいたのは、抽選で選ばれた15組のお子さまとご家族。
西新井の工房にお招きし、職人と同じ道具を使ってものづくりを体験していただきました。

当日を迎える前に……

当選されたお子さまへ、事前にどんなキーホルダーを製作したいか伺い、デザイン画を描いていただきました。

デザイン画と田尻

「お子さまだからこそ考えられるデザイン! のびのび描かれていていいですね」。
デザイン画を見ながら、顔がほころぶデザイナーの田尻。
出来上がりのイメージを具体的に考え、お子さまがつくりやすいようデザイン画にアイデアを加えていました。

職人たち

デザイン画に沿って職人たちがサンプルづくり。
お子さまのつくりたいものを実現し楽しんでもらえるよう、当日一緒につくることにワクワクしながら熱心に取り組んでいました。

イベント当日の様子をご紹介します

いよいよ当日!
親子で力を合わせて、ものづくり体験。

ランドセルの工房に入って、職人たちと同じエプロンをつけたら、製作開始です。
初めて触れる道具と材料に心配そうな顔のお子さまたち。
でも、ご安心を! 職人とスタッフがしっかりサポートします。
難しい作業は、お父さんお母さんと一緒に挑戦しました。
なかなか上手くいかない作業もあるけれど、だんだんと思い描いていたものに近づくいく様子は嬉しそうでした。

▼画像をクリック(タップ)すると詳細が表示されます。

ついに、オリジナルキーホルダーが完成!

ご家族だけの、個性豊かなキーホルダーができあがりました!
「よくできたね」にっこり満面の笑顔。こだわったところ、思い通りにならなかったところまで、味わい深く見えてきませんか?
同じデザインでも一人ひとりちがう表情なのは、気持ちのこもった手づくりの証です。
どのキーホルダーも、とっても素敵に仕上がっていました。

"ものづくり"を通して、家族の思い出づくりのお手伝い

デザイン画からはじまり、使ったことのない道具や材料に触れて、職人と一から完成させていくものづくり体験。
“家族みんなで”が加わって、より思い出に残る時間になっていたら嬉しいです。
ランドセルにつけたキーホルダーをお守りにして、これからも楽しい小学校生活になりますように!
土屋鞄のランドセルは、これからも"ものづくり"を通して、お子さまとご家族の思い出づくりのお手伝いを続けてまいります。