mail facebook twitter

土屋鞄のものづくり

一つひとつを人の手で。
素材、形、色、つくり、
ランドセルをつくる要素、すべてにこだわりを注いで。

About Tsuchiya

ランドセルづくりの先にある、
こどもたちの毎日に心を寄せて。
ご家族の心の中で生き続ける鞄を、
スタッフみんなでつくります。

ランドセルは、こどもたちの健やかな成長を願う、
家族のあたたかな思いが詰まった鞄。
だから、選ぶ時間も使う時間も、そして、その先も大切にしたい。
デザインをする人、素材を開発する人、つくる人、お店に立つ人。
職人もスタッフも同じ思いを胸に、心を込めてお届けします。

Randoseru Function

「6年間、ずっと使いやすいように」
小さなこどもが毎日背負うものだから、
丈夫さと使い心地を大切にしています。

ご卒業のその日まで、元気いっぱいに背負ってほしいから。
水に強く、傷つきにくい革。
体への負担を軽くした、ふっくらやわらかな背あて。
必要な教材がきちんと入る大きさ。
1965年の創業以来、吟味を重ねてたどり着いた形です。

About Randoseru

つくりに丈夫さを、佇まいに品格を。
昔ながらのシンプルな形に、
職人とデザイナーのこだわりが詰まっています。

「このランドセルにしてよかった」。
卒業するときに、そう思ってほしいから。
こどもたちに届けたいのは、6年間を支える丈夫なつくりと、
大きくなっても似合う、凛とした美しい佇まい。
縫い目の幅や角の仕上げなど、小さな部分にも手間を重ね、
300以上の工程をかけて完成させていきます。

前のページに戻る